WordPressは無料で使用でき、もっとも普及しているCMSです。

ブログから大規模な企業サイトまで幅広く対応可能な拡張性やカスタム自由度が特徴です。

WordPressとは

もっとも普及しているCMS

CMSとは、Content Management System の略で、インターネット上でホームページのコンテンツやデザインを作成して公開・管理できる仕組みです。

通常はインターネットでホームページを閲覧する際に使用しているブラウザ上で操作することができ、自分のパソコンに制作ソフトやアプリをインストールする必要がありません。

WordPressとはCMSのひとつで、数多くのCMSのなかでもっとも普及しているものです。

CMSでできているサイトの多くはWordPress

インターネット上に公開されているCMSを利用しているホームページのうち、およそ6割程度がWordPressを使用しているとされています。

このため、インターネット上でも書籍でも、WordPressに関する情報はインストール方法から更新方法、カスタマイズまで、様々な情報を得ることができるため初心者でも利用可能です。

利用は無料

WordPressの大きな特徴の一つは、無料であるということです。

かんたんにホームページを管理するためのCMSは多くの種類がありますが、多くが有料となっています。特に大規模な企業サイトを管理するためのCMSは月々の使用料も高額なものとなります。

これに対して、WordPressはWordPressのオフィシャルサイトから無料で入手して利用することができます。
WordPressのオフィシャルサイトは日本語化もされていますので、誰でも簡単にWordPressをダウンロードできます。

WordPress 日本語

WordPress.ORG 日本語

サーバーを準備する必要

WordPressが無料とはいえ、WordPressを設定してインターネット上に公開するためには、ホスティングとも呼ばれるレンタルサーバーサービスなどでウェブサーバーを用意する必要があります。

そのため、会社やお店、仕事のホームページを無料で作るのページでご紹介した、ジンドゥー(jimdo)やペライチなどのように、「完全に無料」で自分のホームページを公開できるというわけではありません。

ホスティングの標準機能も

しかし、ホスティング・レンタルサーバーサービスには月々数百円程度からWordPressの利用条件を満たすものが多く、また、多くのホスティング・レンタルサーバーサービスで、WordPressのインストールツールが用意されていて簡単にWordPressの利用を始められるメリットがあります。

WordPressインストール機能があるホスティング

標準機能としてWordPressインストール機能があるホスティング・レンタルサーバーサービスには下記のようなものがあります。

豊富なデザインテーマ

さらに、WordPressの大きな特徴に、「デザインテーマ」があります。

これは管理画面上で設定するだけで、レイアウトやデザインが簡単に設定できるもので、設定後のカスタマイズもできます。

WordPressでホームページを公開するには、何らかのデザインテーマを設定する必要があります。

無料のテーマから有料のものまで

デザインテーマには様々な個人や企業の作成した数多くのものがあり、自分のイメージするホームページにあったテーマがきっと見つかると思います。

WordPress 直感的に操作できる管理画面

WordPressのオフィシャルサイト上でも数多くのテーマが無料でダウンロードできますが、特徴的な機能やデザインを持った有料のテーマも様々なものが販売されています。

有料のテーマでも数千円程度で購入できるものも多いので、無料テーマの中から自分のイメージするデザインや欲しい機能を持つものが見つからなければ、有料のデザインテーマを検討してもいいでしょう。

豊富なハウツー

冒頭で紹介したように、WordPressはCMSで作られているホームページの6割で使用されている、もっとも普及しているCMSです。

このため、ユーザーが非常に多く、インターネット上にはWordPressのオフィシャルサイトだけでなく数多くのハウツーサイトが存在し、インストールからカスタマイズまで、WordPressに関する様々な情報を入手することができます。

インターネット上の情報だけでなく、書籍も豊富に出版されていますので、これまでホームページを作ったことがない人でも十分WordPressで自分のホームページを作ることが可能です。

高い拡張性とカスタム自由度

WordPressは上記の通り簡単に始められ、管理画面ではHTMLやCSSの知識がなくても直感的にレイアウト変更やデザイン変更が可能です。

もちろんページの追加や内容の変更なども簡単に行うことができます。

WordPress 直感的に操作できる管理画面

豊富なプラグイン

WordPressには自分が欲しい機能を追加することができます。

自分でプログラムを書いて機能を追加してもいいのですが、WordPressには多くの「プラグイン」と呼ばれる機能を拡張するための追加ソフトが存在します。

このプラグインはWordPressの公式サイト上にも膨大な数が紹介されていますが、プラグインを利用するには特別な知識を必要としません。
利用したいプラグインを管理画面からインストールして、有効化するだけです。

このように簡単にWordPressの機能を拡張できるプラグインが、豊富に存在しますので、自分が必要とする機能はほとんどの場合プラグインの利用で追加することができます。

HTML、CSSの直接編集も

かんたんにデザイン変更などができる一方、HTMLやCSSの知識があれば、やはり管理画面で直接HTMLやCSS、PHPの編集をすることができるため、独自のデザインやレイアウトを取り入れることができます。

WordPress 直感的に操作できる管理画面

管理画面を利用せずに、ファイルを直接編集アップロードして変更することも可能です。

ブログから大規模サイトまで

このかんたんに始めれられる特徴とカスタム自由度によって、個人のブログから企業の数百ページ数千ページに及ぶ大規模サイトまで、WordPressは幅広く利用されています。