ホームページを自分で作るにはどうしたらいいでしょうか。
いくつか方法があります。

こちらのページではいくつかある「ホームページを自分で作る」方法について、概要をご紹介しています。

ホームページを自分で作るには

ホームページを自分で作る方法

ホームページを自分で作るにはいくつか方法があります。
ホームページはHTMLと言う言語で記述して、CSSと言われる書式で色を指定したり体裁を整えたり、Javascriptという言語を使って動きのある表現をしたりします。

テキストエディタを使用してこれらを記述したHTMLファイルやCSSファイルなどを作成し、ウェブサーバーへアップロードすることでホームページを公開することが可能です。

自分でHTMLやCSSなどを覚えて自由にホームページを作成するのもいいでしょう。でも、これから自分でホームページを作りたいと考える人にとってはハードルが高いと思います。

CMSツール

ホームページを作るには自分でHTMLやCSSなどを覚えなくても、WEBサービスなどを利用することで簡単に作ることもできます。

1. 無料CMS

  • ジンドゥー(jimdo)
  • Wix
  • ペライチ

CMSとは、Content Management System の略ですが、ホームページ制作においては、インターネット上でホームページのコンテンツやデザインを作成して公開できる仕組みのことを指します。

上記で上げた各サービスはどれもインターネット上の管理画面ページから、HTMLやCSSの知識がなくてもホームページを作成したり更新できるサービスで、無料から利用が可能です。

どのサービスも有料プランが用意されていて、有料プランを利用することで独自ドメインが利用できるなど機能を拡張することができます。

まず、自分でホームページを作って公開してみたい、と言う方にお勧めのサービスです。

2. ホスティングサービスの機能としてのCMS

  • 大塚商会アルファメール
  • Z.com WebHosting
  • lolipop!レンタルサーバー
  • お名前.com レンタルサーバー

CMS機能はホスティングサービスの機能の一つとして提供されているものがあります。

ホスティングサービスとは、ホームページを公開するデータをインターネット上に公開するためのレンタルサーバーサービスで、通常は有料のサービスとなります。

ホスティングサービスにCMS機能がある場合には、通常はホスティング費用のみでCMS機能を利用することができます。

ECサイト

ショッピングカート機能を持つECサイトも自分で作れるサービスがあり、無料のサービスもあります。

無料ECサイト

  • stores.jp
  • BASE
  • Mallzzz

自分で作れるECサイトもCMS機能によって、HTMLなどの知識がなくても自分でECサイトを作ることができます。

ホームページのデザインや商品登録といったECサイトでの基本的な作業のほか、会社案内ページなども自分で作ることができます。

※クレジットカード決済機能も標準で設定することができるので※、本格的なECサイトが自分で作れます。

※クレジットカード決済機能の利用には各サービス提供業者による審査があります。

WordPress

CMSとしては最も利用されているサービスです。

  • WordPress

WordPressはおそらく最も利用者数の多いCMSですが、これまでにご紹介したサービスと異なり、基本的に自分でサーバーに設定(インストール)して利用するCMSです。

インストール機能のあるホスティングサービス

  • Z.com WebHosting
  • lolipop!レンタルサーバー
  • お名前.com レンタルサーバー
  • さくらのレンタルサーバー
  • ConoHa
  • SuiteS

ホスティングサービスの中には、簡単にWordPressをインストールできる機能があるサービスが多くあります。

WordPressは無料で配布されているCMSですが、デザインテンプレートや拡張機能が豊富に開発されていて、多くのテンプレートや拡張機能を無料で利用することができます。

またWordPressは拡張性が高いため、HTMLやCSSの知識があると、幅広いカスタムやデザイン変更が可能になります。